知っておきたい家族葬での送り方

家族葬の親族はどこまで呼ぶの?

小規模で行える葬儀スタイルとして人気の高い家族葬ですが、実際に家族葬と言っても本当に家族だけで行うものもあれば、親戚や親しい友人などにも声をかけるなど様々なケースがあります。子供や親だけで送るつもりが良く知らない親族にまで連絡が行ってしまったなど、無用なトラブルを避けるためにも、自分たちが執り行いたいと思っている家族葬のイメージをしっかりと葬儀屋さんと相談をして葬儀の準備をする事が大切です。

特に注意したいのが、親族を呼ぶ範囲です。若い世代の人だけで話し合って子供たちの範囲までの参列で葬儀を行ってしまうと、のちのち故人の兄弟などからお叱りを受けてしまうというケースもあります。実際に家族葬を執り行う場合は、まず自分達の想いをしっかりと固める事もそうですが、その気持ちを近い親族にはしっかりと伝えて後日のお焼香などをお願いするなど、お別れを希望している方への配慮を欠かさないようにしましょう。

特に年齢を重ねている人ほど、故人とのお別れを大切に考えている方が多いため、家族葬など多くの人が参列できないという事に納得ができない事もあります。その気持ちをしっかりと受け止めて誠実に話をする事を省かずに接する事で後々の親族間トラブルを招かないためにも必要となるのです。