知っておきたい家族葬での送り方

家族葬の一般的な流れ

家族葬を執り行う場合の一般的な流れを知っておくといざという時に戸惑わずに対処する事ができます。まず、病院からご遺体を引き取るところからが葬儀の始まりです。すでに葬儀屋を決めている場合は、自分達が相談していた葬儀屋に連絡をとり引き取りにきてもらいましょう。あまりにも急な出来事だった場合、葬儀屋の手配に困る事もあります。その場合は病院などでも紹介してもらえるので声をかけてみましょう。

家族葬も通常の葬儀もご遺体を引き取り自宅や葬儀場へ運ぶ事から始まります。この時自宅か葬儀場かで費用も変わってきますが、すぐに葬儀を執り行いたいと思っている場合は葬儀場に運んで翌日すぐに通夜、告別式を行うケースもあります。葬儀に関する準備と心の準備と合わせて日程を組むようにしましょう。

家族葬の場合、ごく近しい親族のみで行うため、到着を待たずに早めに葬儀を行う事もできます。この場合火葬場の空き状況なども関わってくるので故人との別れをしっかりと行い、スムーズに送れるように手配する事が大切です。

大きな葬儀を執り行わない場合、準備にかかる時間も短くて済みますが、残された家族の心の整理という部分では火葬までの時間をなるべく長くしたいという方もいます。急いで準備をして慌ただしく過ごしてしまいがちですが、しっかりとお別れができるように別れの場を作る事が葬儀では一番大切な事といえるでしょう。