知っておきたい家族葬での送り方

家族葬の費用はどれくらい?

小さな規模で故人を見送りたいと思っている場合は、一般の参列者を交えない家族葬を選択する方が増えています。では、一般的な葬儀と比べて実際に費用の面では安く済ませる事ができるのでしょうか。

一般的な葬儀の費用の内訳は、葬儀費用、飲食費用、寺院費用となります。この場合、家族葬だと飲食費用を抑える事ができるため通常の葬儀に比べてその分安くできますが、さらにコンパクトに行いたい場合は飲食を全くいれず、さらに葬儀に使用する祭壇や棺桶なども選ばせてもらうなど、コンパクトでシンプルに行う事もできます。

また、最近多いのが寺院を呼ばないで葬儀を行うやり方です。特にこだわりの宗派もないため、花で祭壇を飾って故人をおくる等様々なやり方で故人との別れを演出しています。寺院にかかる費用が一般の葬儀の場合、お布施もそうですが檀家になっているお寺さんに依頼する場合はお車代を含めて食事代、読経のお布施以外にも戒名のお布施など様々な費用が掛かってくるため、その分費用も多くなるのが通常です。

寺院の費用はお寺がない場合も、葬儀屋さんに依頼して自宅の宗派のお経をもらう事も可能ですが、今は呼ばずに自分達だけで済ませてしまうスタイルもあります。どのようにして故人を見送るのかを家族でしっかりと話し合って選ぶ事が大切です。