知っておきたい家族葬での送り方

家族葬で穏やかな葬儀を

不慮の事故や故人が高齢であったなど、様々な理由から葬儀を小規模で静かに行いたいと思っている人が増えています。特に最近は仏事から離れている傾向もあるため、寺院関係の方を呼ぶ事なく無宗教で葬儀を行うなど様々な形の葬儀があります。

家族葬もその一つで、近親者のみで行い尚且つ仏事色を出さないように、僧侶を呼ばず戒名ももらわないなど、小規模で行われる事が多くなっています。その分数十万円安くなるなど、費用面でも大金を出さずにすむという点から家族葬など小規模な葬儀が増えてきています。しかし、小規模で終わらせるという点だけで済めばいいのですが、仏事全般を行わないとなると親戚から色々と声がかかる事もあります。葬儀後に無用なトラブルをさけるためにも葬儀前の打ち合わせや相談をしっかりと行ってから選択する事も必要です。

僧侶を呼ばない葬式や身内のみの家族葬は一般的になってきたと言っても、まだまだ昔からの慣習を大事にする地域や親戚の方から見ると抵抗のある形ともいえます。周りの方の気持ちにも配慮をしつつ、自分達家族の考え方を丁寧に説明していくなど、故人の意向はもちろん家族としての考え方をしっかりと主張していく事が大切です。故人との別れを大切に静かに迎えたいと思っている方にも最適なのが家族葬といえます。自分たちの目指す形を明確にして思い出に残る葬儀を作っていきましょう。