本文へスキップ

知っておきたい家族葬での送り方

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

知っておきたい家族葬での送り方

親しい人との別れはいつでも悲しいものです。特に葬儀に関しては、一般的にいきなり訪れて慌ただしく過ぎ去っていきます。そう考えると日ごろから自分や近親者が亡くなった場合にどのように送ってあげるのかを頭の片隅に置いおく必要があります。

現在は様々な葬儀スタイルがありますが、最近は小規模な葬儀である家族葬が人気です。では、家族葬を選んだ場合、通常の葬儀よりも費用の面では安くなるのでしょうか。確かに参列する人数が少なくなる事で、葬儀費用は抑える事が可能ですが、あまりシンプルになりすぎるのも何だかさみしいという声もあります。全く費用をかける余裕がない、または故人の意向でシンプルに身内だけでと言われたなど、その時の事情に合わせて、自由に選んで組み合わせると、家族葬イコールさみしいというイメージがなくこの葬儀を選んで良かったと思える葬儀を執り行う事ができます。

葬儀と聞くとかなり高額のお金がかかるのではないかと不安を抱いている人も多いと思いますが、今は昔に比べて金額もリーズナブルになってきています。故人を送るスタイルとして自分たちは何を選択するのか、または故人の意向はどんなものだったのかを検討して選ぶようにしましょう。中でも家族葬は最近では定着しつつある葬儀スタイルとなっています。しかし家族葬という言葉を聞いた事があるけれど、どのようにして送るのか、家族といってもどの範囲までの親族を呼ぶべきなのかなどの疑問がある方もいます。家族葬のスタイルも多様となっているため、自分達が執り行いたい規模やスタイルをある程度決めておいてから葬儀屋さんと打ち合わせをするようにしましょう。そうする事で、いざプランを聞かれた時に迷わずに済みます。そのためにも、なるべく余裕のあるうちから情報を集めておく事が重要となるのです。

また、葬儀は自分達の意向だけで決めてしまうと後々親戚からクレームが入ったなど、親族間のトラブルになる事もあります。大切な儀式だからこそ、家族葬を執り行うと決めた場合は、早めに周りの人にもお知らせをする必要があります。亡くなってすぐに色々と動きまわらなければいけないのが葬儀を執り行う上で大変な事ではありますが、式が終わった後に予定よりも高額な請求がきてしまったり、親族からのクレームなど後々のトラブルを避けるためにも葬儀の執り行い方などを調べておくようにしましょう。いざという時のための下準備がその時が来た時の慌ただしさを軽減してくれるのです。

information新着情報

2018年08月29日
ホームページを更新しました。